循環器内科

診療対象

循環器疾患:心不全、虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)、不整脈、大動脈・末梢動脈疾患、弁膜症、先天性心疾患、深部静脈血栓症

生活習慣病(高血圧症、脂質異常症、糖尿病、慢性腎臓病)、睡眠時無呼吸症候群

診療内容

当科の診療では地域人口の高齢化を背景に入院例を含め種々の循環器疾患に起因する心不全が多くを占めています。

高齢者の患者様は合併症を多く持っておられ、治療が困難な場合も多くみられます。

個々の状態に合わせ呼吸器 脳血管系など関連病態も当科で治療を行っております。

虚血性心疾患、不整脈に関してはまず薬物療法を開始するのが適当であれば当院にて、外科的治療、カテーテル検査・治療、アブレーション治療の必要があれば国立病院機構その他高次医療施設へ紹介致します。

電気的除細動(直流通電)、体外式ペーシングは当院でも必要な症例には行っています。

高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病に関しては外来で治療を行い、外来での治療困難な場合は入院し治療を行うこともあります。

睡眠時無呼吸症候群は、簡易検査を行って適切な症例はCPAP治療を導入しています。

特徴的な検査

超音波検査(心臓・頸動脈・下肢静脈)

24時間ホルター心電図、血圧脈波検査装置

終夜睡眠ポリグラフィー検査