看護部

1.看護部長挨拶

町立太良病院は佐賀県西南端に位置する藤津郡太良町にあり、病室からは豊穣の海である有明海を一望できます。

また、山の幸も抱負で多良岳の恩恵を受けています。このような環境から育まれた地域の方々の温かさに支援を受けて、私達も地域の医療・介護・福祉・保健に貢献できるように日々努力を重ねています。

看護単位は、一般病床45床、地域包括ケア病床15床を持つ病棟と外来・中央材料室・手術室の機能を持つ外来の2単位です。

介護部門との連携をスムーズに行うために病院内に居宅介護支援事業所、訪問看護ステーション、通所リハビリテーションを持ち、安心して在宅復帰できるようにチーム医療を提供しています。

看護部職員一同、患者様が安心して病院を利用できるように安全・安心な医療・看護・介護サービスの提供を基本として、看護の心が患者様に伝わるような「人の尊厳」を行動に表していきたいと考えています。

そして、心身の回復を一緒に心から喜べる感性を持てるように「人」を育てていきたいと思います。

平成30年4月1日

看護部長 武藤 雅子

2.看護部の理念・行動指針

 

理念

患者様の安心と信頼を得られる、心のこもった看護を提供します。

基本方針

①患者様一人一人の生き方、その人らしさを尊重し、患者様が可能な限り自律して生活できるよう支援します。

②入院から在宅へ継続した看護を提供し、患者様のQOLを高めるよう支援します。

③患者様と共に看護看護目標を設定し、安全・安楽に療養できるよう支援します。

④専門職者として知識・技術・態度を高め、地域社会に貢献します。

3.入院基本料

一般病床;入院基本料6 地域包括ケア病床;地域包括ケア入院医療管理料1

4.看護体制

プライマリー・ナーシングを中心に一部チームナーシングを行っています。

5.新人職員教育プログラム

プリセプターシップを取り入れ、1ヶ月、1~3ヶ月、4~6ヶ月、7~12ヶ月の到達目標を共有し、個々に合った支援計画を立てています。

看護師としての基本姿勢、専門的知識・技術、安全管理、院内感染防止、個人情報保護、災害・防災管理などの管理的側面を含めて、講義・OJTによって育成を行い、1年後に自律した職員として定着できるように支援していきます。

6.委員会活動

委員会名称 活動内容
安全対策委員会 病院内、介護事業所で発生するインシデント、アクシデント報告に基づいて、リスクマネージャーを中心に集計や分析、安全対策の検討を行っています。
感染防止委員会 医療関連感染防止を目的に職員教育、ICTによる院内ラウンド、サーベイランス、各種マニュアルの検討を行っています。
教育委員会 質の高い医療・看護サービスを提供できるために医療安全、感染防止、褥瘡対策、高齢者の理解、研究などのテーマ別研修を企画・開催しています。
接遇委員会 患者様のサービス満足を目標に年2回の全体研修を開催し、全スタッフの接遇マナー向上について検討しています。
防災・広報委員会 病院広報誌「ほすぴたら」の発刊、防災訓練、「看護の日」のイベント開催、職員旅行の企画等を行っています。
改善委員会 患者様へのサービス、各部署の業務内容、各業務の院内連携など「改善」に関する全ての検討を行っています。
節減対策委員会 電気料、水道料、資源費用と職員の努力で削減できる経費の節減に取り組んでいます。
薬事委員会 月1回医師全員と各部署長が集まり、医薬品の情報・採用の審議を行っています。
診療録委員会 診療録全般に関する決定事項や、サマリー管理、統計業務等の報告を行っています。
給食委員会 患者様の栄養管理、栄養相談、食事療養の衛生管理、厨房施設設備に関する検討を行っています。

*病院の会議一覧ですが看護部も積極的に活動しています。

7.看護部の部署紹介

1)病棟

急性期治療を行う一般病床45床と在宅復帰支援の病床である地域包括ケア病床15床を運用しています。

地域包括ケア病床は、急性期医療を終了後、すぐに在宅や施設へ退院するには不安のある患者様に対し、診療・看護・リハビリを行うことを目的としています。
また、在宅療養中の患者様で入院が必要となった時、在宅医(かかりつけ医)から依頼を受けて、療養をされる機能も有しています。

在宅復帰支援計画に基づき、主治医・在宅復帰支援担当者・看護師・リハビリスタッフ・医療相談員(社会福祉士)等が協力して効果的に患者様の在宅復帰に向けた相談を受けて、支援・準備を行っています。

入院期間は在宅復帰に必要な期間として調整いたしますが、60日を限度としています。

ご利用までの流れは、地域包括ケア病床への直接入院と一般病床を経由してからの転床があります。

いずれも主治医が判断し、患者様やご家族様への提案後、ご了承頂けた場合地域包括ケア病床へご入院して頂いています。

急性期の治療から、在宅復帰までの支援を患者様・家族様のニーズに応じて行います。

患者様と一緒に療養の目標を立てて、ご希望の身体機能や生活に復帰できるように支援していきます。

 

⚫病棟スタッフです。患者様が安心していただける一言と笑顔を心がけています。

⚫毎日、午後にカンファレンスを して、患者問題の検討や看護計画の評価をしています。

⚫「目線を合わせて声をかける」「ベッドサイドの時間を大切にする」目指す看護の基本です。

【個室利用料をいただく病室】

【病棟行事】
毎週水曜日に病棟食堂で、患者様へのレクレーションとして「おれんじクラブ」を開催しています。
作業療法士、看護師が担当しています。

2)外来

各診療科の担当看護師によって、病状のコントロール、健康回復を目指して、生活背景や年齢に合わせた支援を心がけています。

初めて受診をされる場合は、「このような症状があって受診したい。予防接種をしたい。」と外来宛に電話連絡をいただければ、案内を致します。

特殊外来として、第2・4水曜日の肝臓専門外来、木曜日の装具外来があります。相談があれば併せて、紹介致します。

外来通院が困難な場合は、往診・訪問診療などを利用できます。院内には、居宅介護支援事業所や訪問看護ステーションもありますので、ご希望があれば、介護認定の手続きや日常生活支援、服薬管理などを行う訪問看護を紹介致します。

また、町民や太良町で勤務される方の健康管理の一環として、一般健康診断に加えて、特定健診、企業健診も受け付けています。

皆様が「安心して地域で生活できる」ことを目標に外来スタッフ一同、支援させていただきますので、ご利用下さい。