整形外科

診療内容

 

日頃から町立太良病院の運営に対し、ご支援・ご協力をいただき、ありがとうございます。

町立太良病院の整形外科では、お年寄りからお子さんまで骨・運動器・神経に関する外傷や疾患を幅広く診療しています。

太良町は高齢化が進んでおり、特にご高齢の皆さんの診療が最も多くなっています。

外来では、高齢者の骨折の原因となる骨粗鬆症や膝関節の病気、慢性の肩関節痛や腰痛の患者さんをたくさん診させていただいています。

入院では、骨粗鬆症を基盤とした脊椎や四肢の骨折、変形性関節症という軟骨が擦り減るために起こる病気の患者さん達の診療を行っています。

町立太良病院の整形外科では、変形性膝関節症というお膝の軟骨が擦り減ることによって起こる病気の治療に対し、特に力を入れています。

お膝の軟骨が擦り減ると、初期には立ち上がる時や階段・坂道を降りる時に痛みを感じますが、病気が進行すると歩く時にも痛みを感じるようになり、日常生活に支障を来すようになります。

変形性膝関節症と診断された患者さんに対しては、まずお薬(内服や注射)、リハビリ、装具、生活指導による保存的治療をしっかり行います。

保存的治療でも十分にお膝の痛みがとれず、日常生活に制限を生じている方には、手術をお勧めしています。

手術といっても関節鏡、骨切り術、人工関節など様々な方法がありますので、お一人お一人の年齢や生活スタイルを十分考慮した上で最適な手術方法を選ぶように心がけています。

年齢を重ねても健康で自立した生活を送るためには、生活習慣病の予防や治療も大切ですが、同じくらいに運動器の病気をしっかり予防治療することが大切です。

町立太良病院整形外科は、地域の方々の健康で自立した生活の維持に貢献したいと考えています。日常生活を送る上で運動器に関して困ることがあればいつでもご相談ください。

手術実績

バイオクリーンルームと人工関節の手術中の写真です。

人工関節の重大な合併症を予防するために清浄度の高い手術室で、特殊な手術着を着用して手術を行っています。